トップ  >  2011年03月

2011年03月

  1. 原発事故で被災したペットのために (03月22日)
    福島県では原発事故のために避難せざるを得ない方が沢山います。しかし、ペット連れでの避難は困難を伴います。1.ペット可の避難所が少なすぎる。2.ペット可の宿(ホテル等、マンション)が少なすぎる。3.ペットはバスに乗れない。4.ペットはゲージ等にいれないと電車に乗れない。その為、苦渋の決断で犬や猫を置いて来る人達が増えているようです。※ポチたまの松本君がペット同伴の避難所や仮設住宅を増やすための署名活動...

  2. ワンコの目からみた原発事故 (03月18日)
    現在のペット需要は大きく伸び、沢山のペット(犬、猫など)が人間を癒し家族同然になっています。今回の東北地方太平洋沖地震では、沢山の被災者の影で沢山のペットも被災しています。テレビのニュースで必死に生きようとしているペットの姿を見かけると胸が苦しくなります。また、ペット愛護団体が沢山のペットを救助しているに姿に感謝の気持ちで一杯になります。今回の地震で被災した2人のワンコの話を聞きました。別々の家族に...

  3. 福島第一原子力発電所周辺の風評被害 (03月17日)
    福島第一原子力発電所の屋内退避命令エリア(20Kmから30Km)の場所にも物資を運んであげてください。屋内退避命令が出ていて外に出れない場所に物資も届けないと言う事は、何を意味するか?誰でも分かると思います。福島第一原子力発電所の30Kmから60Kmの場所にも物資やガソリンが届かないと聞きます。南相馬やいわきは、放射能量が人体にほとんど問題無い値なのに、トラックの運転手がその地域に入りたく無いという...

  1. このページのトップに戻る