トップ  >  パソコン豆知識  >  .NETインストール手順

.NETインストール手順

2010年06月16日

.NET Frameworkのインストール手順(方法)について簡潔に説明してくれるサイトが少ないため、少し難しいと思う事があります。ここでは出来るだけ簡単に、そして的確にご紹介したいと思います。

(注意)Windows7(たぶんVistaも)には既に.NET Frameworkがインストールされています。

まず、.NETにはサービスパック(SP)と言語パック(LP:Language Pack)がある事を理解する必要があります。サービスパックはいわゆるバージョンアップでバグなどが改善されています。言語パックは各国の言語に対応したメッセージ等が適用されます。

以下にダウンロード・サイトをご紹介します。順番にインストールする事で正しくインストールされる事を確認しました。

.NET Framework 3.5をインストールすれば、2.0も3.0も同時にインストール出来るので簡単で実用的だと思います。

(1).NET Framework 2.0のインストール
(1-1)Microsoft .NET Framework 2.0
(1-2)Microsoft .NET Framework 2.0 SP2
(1-3)Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 日本語
2012年頃から.NET Framework 2.0のダウンロードが出来なくなったようです。

(2).NET Framework 3.0のインストール
(2-1)Microsoft .NET Framework 3.0
(2-2)Microsoft .NET Framework 3.0 SP1
同時に.NET Framework 2.0 SP1とLanguage Pack SP1もインストールされています。

(3).NET Framework 3.5のインストール
(3-1)Microsoft .NET Framework 3.5
(3-2)Microsoft .NET Framework 3.5 SP1
同時に.NET Framework 2.0 SP2とLanguage Pack SP2もインストールされています。
同時に.NET Framework 3.0 SP2とLanguage Pack SP2もインストールされています。

(4).NET Framework 4.0のインストール
(4-1)Microsoft .NET Framework 4.0 (スタンドアロン)
または
(4-1)Microsoft .NET Framework 4.0 (Web)
同時には何もインストールされないので3.5以前とは別ものと考えた方がよさそうです。

「Webインストーラー」と「スタンドアロンのインストーラー」の違いはインターネットに接続しながらインストールするか、ネット接続されて無い環境でもインストール出来るかの違いです。「スタンドアロンのインストーラー」の方がファイルのサイズが大きいです。

スポンサーサイト

ACCESS検索/更新/削除(C#/VB.NET) | トップページへ戻る | FTP差分ダウンロード(ツール)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る