トップ  >  サンプルソース  >  ファイル開くダイアログ(C#/VB.NET)

ファイル開くダイアログ(C#/VB.NET)

2010年07月12日

ファイルを開くダイアログボックスのサンプル(ソース/コード)です。OpenFileDialogをフォームに貼り付けてお試しください。

ファイル保存ダイアログ(C#/VB.NET)のサンプルもあります。

' -----------------------------------------------------------
' ファイル開くダイアログのサンプル(VB.NET/VS2005)
Private Sub Button1_Click( _
    ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

    ' ダイアログのタイトル
    OpenFileDialog1.Title = "ファイル開くダイアログ"

    ' 初期表示するディレクトリ
    OpenFileDialog1.InitialDirectory = "c:\temp"

    ' デフォルトの選択ファイル名
    OpenFileDialog1.FileName = "test.txt"

    ' [ファイルの種類]に表示するフィルタ
    OpenFileDialog1.Filter = _
        "テキストファイル(*.txt)|*.txt|" & _
        "すべてのファイル(*.*)|*.*"

    ' [ファイルの種類]の初期表示インデックス
    OpenFileDialog1.FilterIndex = 1

    ' ファイル名に拡張子を自動設定
    OpenFileDialog1.AddExtension = True

    ' 複数のファイルを選択
    OpenFileDialog1.Multiselect = True

    ' ファイルが存在しない時に警告メッセージを表示
    OpenFileDialog1.CheckFileExists = True

    ' PATHが存在しない時に警告メッセージを表示
    OpenFileDialog1.CheckPathExists = True

    ' [読み取り専用ファイルとして開く]チェックボックス
    OpenFileDialog1.ShowReadOnly = True

    ' [読み取り専用ファイルとして開く]チェック有無
    OpenFileDialog1.ReadOnlyChecked = True

    ' ダイアログを閉じる時にカレントディレクトリを戻す
    OpenFileDialog1.RestoreDirectory = True

    ' [ヘルプ]ボタン表示
    OpenFileDialog1.ShowHelp = True

    ' ダイアログ表示
    Dim btn As DialogResult = OpenFileDialog1.ShowDialog()
    If btn = System.Windows.Forms.DialogResult.OK Then
        ' 選択したファイルPATHを取得(単一)
        MessageBox.Show(OpenFileDialog1.FileName)
        ' 選択したファイルPATHを取得(複数)
        MessageBox.Show(OpenFileDialog1.FileNames(0))
    ElseIf btn = System.Windows.Forms.DialogResult.Cancel Then
        MessageBox.Show("キャンセル")
    End If
End Sub
' -----------------------------------------------------------

// ----------------------------------------------------------
// ファイル開くダイアログのサンプル(C#.NET/VS2005)
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ダイアログのタイトル
    openFileDialog1.Title = "ファイル開くダイアログ";

    // 初期表示するディレクトリ
    openFileDialog1.InitialDirectory = @"c:\temp";

    // デフォルトの選択ファイル名
    openFileDialog1.FileName = "test.txt";

    // [ファイルの種類]に表示するフィルタ
    openFileDialog1.Filter =
        "テキストファイル(*.txt)|*.txt|" +
        "すべてのファイル(*.*)|*.*";

    // [ファイルの種類]の初期表示インデックス
    openFileDialog1.FilterIndex = 1;

    // ファイル名に拡張子を自動設定
    openFileDialog1.AddExtension = true;

    // 複数のファイルを選択
    openFileDialog1.Multiselect = true;

    // ファイルが存在しない時に警告メッセージを表示
    openFileDialog1.CheckFileExists = true;

    // PATHが存在しない時に警告メッセージを表示
    openFileDialog1.CheckPathExists = true;

    // [読み取り専用ファイルとして開く]チェックボックス
    openFileDialog1.ShowReadOnly = true;

    // [読み取り専用ファイルとして開く]チェック有無
    openFileDialog1.ReadOnlyChecked = true;

    // ダイアログを閉じる時にカレントディレクトリを戻す
    openFileDialog1.RestoreDirectory = true;

    // [ヘルプ]ボタン表示
    openFileDialog1.ShowHelp = true;

    // ダイアログ表示
    DialogResult btn = openFileDialog1.ShowDialog();
    if (btn == System.Windows.Forms.DialogResult.OK)
    {
        // 選択したファイルPATHを取得(単一)
        MessageBox.Show(openFileDialog1.FileName);
        // 選択したファイルPATHを取得(複数)
        MessageBox.Show(openFileDialog1.FileNames[0]);
    }
    else if (btn == System.Windows.Forms.DialogResult.Cancel)
    {
        MessageBox.Show("キャンセル");
    }
}
// ----------------------------------------------------------
スポンサーサイト

ファイル保存ダイアログ(C#/VB.NET) | トップページへ戻る | スレッド制御(C#/VB.NET)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る