トップ  >  サンプルソース  >  キーボード監視(C#/VB.NET)

キーボード監視(C#/VB.NET)

2010年10月29日

キーボードの押下を監視するサンプル(ソース/コード)です。他(別)のアプリケーションで押下されたキーボードの押下も監視します。パソコンが操作されているかどうか、アイドル状態かどうかのチェックに使用出来ると思います。押されているキーのコードも分かるのでキーロガーにも応用出来ると思います。

' -----------------------------------------------------------
' キーボードの押下を監視するサンプル(VB.NET/VS2005)
Private Declare Function GetAsyncKeyState Lib "user32.dll" _
    (ByVal vKey As Integer) As Integer

Private Sub Timer1_Tick( _
    ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Timer1.Tick

    For i As Integer = 1 To 256
        Dim rtn As Integer = GetAsyncKeyState(i)
        If (rtn And 1) <> 0 Then
            System.Diagnostics.Debug.WriteLine( _
                "キーボード押下:" & i)
        End If
    Next i
End Sub
' -----------------------------------------------------------

// ----------------------------------------------------------
// キーボードの押下を監視するサンプル(C#.NET/VS2005)
[System.Runtime.InteropServices.DllImport("user32.dll")]
private static extern int GetAsyncKeyState(int vKey);

private void timer1_Tick(object sender, EventArgs e)
{
    for (int i = 1; i <= 256; i++)
    {
        int rtn = GetAsyncKeyState(i);
        if ((rtn & 1) != 0)
        {
            System.Diagnostics.Debug.WriteLine(
                "キーボード押下:" + i);
        }
    }
}
// ----------------------------------------------------------
スポンサーサイト

有効ではないスレッド間の操作(C#/VB.NET) | トップページへ戻る | イベント送信/受信(C#/VB.NET)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る