トップ  >  パソコン豆知識  >  FTPアップロード(コマンドライン/バッチ)

FTPアップロード(コマンドライン/バッチ)

2011年01月28日

Windows標準のFTP.EXEコマンドを使用してファイルをアップロードする方法を紹介します。FTP.EXEはコマンドプロンプトで使用するツールなのでバッチファイルでの使用も可能です。

FTP.EXEコマンドの特にオススメの使い方はデバッグモードです。デバッグモードではFTPサーバとの間で送受信されるコマンドがすべて表示されます。FTPプロトコルを勉強する時に重宝するはずです。

FTP関係のその他のツールやサンプルはこちら「FTP関係」です。

コマンドプロンプトでFTPアップロードする例:
D:\>ftp localhost
Connected to localhost.
220 Microsoft FTP Service
User (localhost:(none)): [user]
331 Password required for [user].
Password: [pass]
230 User [user] logged in.
ftp> put test.dat
200 PORT command successful.
150 Opening ASCII mode data connection for test.dat.
226 Transfer complete.
ftp: 123 bytes sent in 0.00Seconds 123000.00Kbytes/sec.
ftp> quit
221


バッチでFTPアップロードする例:
まず次のようなファイル(test.ftp)を作成します。
open localhost
[user]
[pass]
put test.dat
quit


次にバッチファイルで"ftp -i -s:test.ftp"を実行します。
D:\>ftp -i -s:test.ftp
ftp> open localhost
Connected to localhost.
220 Microsoft FTP Service
User (localhost:(none)):
331 Password required for [user].

230 User [user] logged in.
ftp> put test.dat
200 PORT command successful.
150 Opening ASCII mode data connection for test.dat.
226 Transfer complete.
ftp: 123 bytes sent in 0.00Seconds 123000.00Kbytes/sec.
ftp> quit
221


ちなみに、FTPで使用される代表的な内部コマンドを次に記述します。
!Escape to the shell
cdChange remote working directory
asciiSet ascii transfer type
binarySet binary transfer type
debugToggle debugging mod
deleteDelete remote file
getReceive file
lsList contents of remote directory
mdeleteDelete multiple files
mdirList contents of multiple remote directories
mgetGet multiple files
mkdirMake directory on the remote machine
mputSend multiple files
openConnect to remote tftp
putSend one file
pwdPrint working directory on remote machine
quitTerminate ftp session and exit
renameRename file
rmdirRemove directory on the remote machine
スポンサーサイト

メール受信!!(ツール) | トップページへ戻る | FTPダウンロード(コマンドライン/バッチ)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る