トップ  >  パソコンソフト  >  ファイルのEXE化(ツール)

ファイルのEXE化(ツール)

2011年02月01日

いろんな拡張子のファイルをEXEに変更するツール「nandemoExe」を紹介します。どういう事だか理解出来ましたか?一瞬、えっ、と思うかもしれませんが、実はとても面白いソフトなのです。

このツールでEXEに変換したファイルは、そのEXEを実行すると、元のファイルを実行した事と同じ結果になります。

例えば、テキストファイル(拡張子がtxt)をEXE化して、そのEXEを実行すると、元のテキストファイルが実行されます。つまり、そのテキストファイルをダブルクリックした時と同じ結果になります。

例えば、スクリプトファイル(拡張子がVBS)をEXE化して、そのEXEを実行すると、元のスクリプトファイルが実行されます。

例えば、バッチファイル(拡張子がBAT)をEXE化して、そのEXEを実行すると、元のバッチファイルが実行されます。

どうでしょうか?面白いと思いませんか。

このブログでも沢山のスクリプト(WSH:VBS)のサンプルソース(コード)を公開していますが、そのスクリプトをあたかもEXEのように実行する事が出来るという事で、とても興味深い事だと思います。

ただし一つ注意が必要です。EXEファイルに変換した後に元に戻すような機能は無いので、自己解凍ファイルと勘違いしないようにしてください。

参考のために画面イメージを貼って置きます。
ファイルのEXE化(nandemoExe)

スポンサーサイト

RS232C 送信/受信(C#/VB.NET) | トップページへ戻る | EXCEL操作(VBS)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る