トップ  >  パソコン豆知識  >  Googleのメタ(meta)タグ変更

Googleのメタ(meta)タグ変更

2011年02月07日

GoogleウェブマスターツールとはGoogle検索エンジンからのアクセス数を解析する時に重要なツールです。

※他の検索エンジン用としては、YahooサイトエクスプローラーやBingウェブマスターツールというものもあります。

現在、YahooはGoogleの検索エンジンを使用しているため、Yahooサイトエクスプローラーのサービスを終了しています。つまり、Yahooのアクセス数もGoogleウェブマスターツールが管理している事になり大変重要なツールだという事になります。

Googleウェブマスターツールを使用するには[サイト使用者]を認証する必要があります。[サイト使用者の認証]とはウェブマスターツールを使用する人とWEBサイトの管理者が同一人物か確認する事でセキュリティとして重要です。

その[サイト使用者の認証]の際に使用するのが[mataタグ]です。サイトのトップページにGoogleから指定されたmetaタグを付ける事により[サイト使用者]を確認しようという仕組みです。

その[mataタグ]が今日、変更になりました。
旧:<meta name="verify-v1" content="xxxx" />
新:<meta name="google-site-verification" content="xxxx" />

毎日、Googleウェブマスターツールを使用していましたが、今日は突然、[サイト使用者として認証されていない]から[新しいメタタグで認証するように]と求められました。

スポンサーサイト

SSLメール送信(C#/VB.NET) | トップページへ戻る | ファイル一覧出力(VBS/VBA)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る