トップ  >  サンプルソース  >  デバッグ用コード記述方法(C#/VB.NET)

デバッグ用コード記述方法(C#/VB.NET)

2011年08月04日

デバッグ用ソースコードとリリース用ソースコードを分けて記述したい事があります。以下にその文法を記述したサンプル(ソース/コード)を紹介します。

ちなみに、Debug.WriteLineはデバッグモードの時しか実行されません。

' --------------------------------------------------------
' デバッグとリリースを別処理にするサンプル(VB.NET/VS2005)
#If DEBUG Then
    MessageBox.Show("デバッグモード")
#Else
    MessageBox.Show("リリースモード")
#End If
' --------------------------------------------------------

// -------------------------------------------------------
// デバッグとリリースを別処理にするサンプル(C#.NET/VS2005)
#if DEBUG
    MessageBox.Show("デバッグモード");
#else
    MessageBox.Show("リリースモード");
#endif
// -------------------------------------------------------
スポンサーサイト

フォームが閉じる理由(C#/VB.NET) | トップページへ戻る | 高速文字列処理(C#/VB.NET)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る