トップ  >  オリジナル小説  >  Weep Oneself Out(散文)

Weep Oneself Out(散文)

2012年03月22日

久しぶりに思いっきり泣いてみた。
いや、涙が止まらなくなった。
感動する映画を見たわけでも、本を読んだわけでもないけど涙が出た。
オトナになったら泣くことなんてないって思ってたけど、そんなのなんの根拠もない事だって分かった。

オトナだって泣きたい時があるのだ。

その答えに辿りついて、また泣いた。
一通り泣いて、疲れて、コドモみたいに深い深い眠りについた。
明日が楽しくてしょうがない。
そんなコドモの頃の気持ちを思い出しながら。

スポンサーサイト

NOT FOUND(小説) | トップページへ戻る | 飛行機(小説)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る