トップ  >  パソコン豆知識  >  ウイルスセキュリティZEROが低レベル保護(!)

ウイルスセキュリティZEROが低レベル保護(!)

2012年04月05日

最近、パソコン起動時に「ウイルスセキュリティZERO」のアイコンがビックリマーク(!)の「低レベル保護」になります。

※バージョン12からは「ウイルスセキュリティZEROの保護が無効(!)」。


「ウイルスセキュリティZERO」の「ホーム画面を開く」と「ウイルス・スパイウェア対策」で、次の項目が「有効」の緑「レ」では無く、「ロードしています」の赤「×」のままで、「有効」になってくれません。

×ウイルス自動検知 ロードしています
×ふるまい検知 ロードしています
×脆弱性の保護 ロードしています

何度かパソコンの再起動をしてみると、時々、正常に起動出来ます。つまり、時々、「ウイルス自動検知」等が「有効」で正常に起動出来ます。

最近、「ウイルスセキュリティZERO」のメモリ使用量が増大し、重く、起動に時間が掛かるようになって、気になっていましたが、正常起動さえ、出来なくなるとは思っていませんでした。

いろいろ試してみると、、、
パソコン起動時のログイン画面で、ディスクのアクセスランプが落ち着くのを何分か待って、ログインすると、「ウイルスセキュリティZERO」が正常起動される事が多い気がしました。

また、Windows標準のシステム構成ユーティリティ(msconfig.exe)の「スタートアップ」で、パソコン起動時に実行するソフトを少なく(厳選)すると、「ウイルスセキュリティZERO」が正常起動される事が多い気がしました。

とは言っても、このままでは危険で使えないので、「ウイルスセキュリティZERO」の「カスタマーセンター」に問い合わせてみたいと思います。

その問い合わせ結果(解決方法)は、別途、整理して、別ページで書く予定です。。。

※「カスタマーセンター」には同現象の問い合わせが少ないようです。問い合わせが少ないと消極的な対応になるかもしれないので、同現象が発生している人は、どんどん問い合わせした方が良いと思います。

ウイルスセキュリティZEROが低レベル保護(!)

※ビックリマーク(!)はエクスクラメーションマークとも言います。

スポンサーサイト

ウイルスセキュリティZEROの実行プロセス | トップページへ戻る | マインドコントロールだワン

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る