トップ  >  パソコン豆知識  >  ウイルスセキュリティZEROのメモリエラー

ウイルスセキュリティZEROのメモリエラー

2012年05月22日

ウイルスセキュリティZEROの保護が無効(!)」が、なかなか解決しません。
※バージョン11までは「ウイルスセキュリティZEROが低レベル保護(!)」。

やはり、
カスタマーセンター」への「低レベル保護(!)」の問い合わせが少ないので、消極的な対応になっているのかもしれません。「低レベル保護(!)」が発生している人は、どんどん問い合わせした方が良いと思います。

長期戦になりそうなのですが、、、

「ウイルスセキュリティZERO」には他にも問題があります。
「ウイルスセキュリティZERO」は、パソコンのシャットダウン時に「アプリケーションエラー」になる事があります。エラーメッセージは次のような感じです。

K7PSSrvc.exe - アプリケーションエラー
"0x0123456d"の命令が"0x0123456d"のメモリを参照しました。
メモリが‘read‘になることはできませんでした。
プログラムを終了するには[OK]をクリックしてください。
プログラムをデバックするには[キャンセル]をクリックしてください。

「カスタマーセンター」では既に認識していて「タイミングの問題」との事でしたが、改善する気があるかどうかは不明でした。

スポンサーサイト

Windows Update(自動更新) 無限ループ停止 | トップページへ戻る | 広帯域(PPPoE)のパスワード表示(ツール)

このページのトップに戻る

コメント

参考になりました!

初めまして!
この度、同様の事例に巻き込まれて調べていた所、ここに辿り着きました…
暫くは、ゼロを使う予定なのでこういう問題は気になります。

調査が非常に分かり易く、とても参考になりました!
なかなか、こういう事はできないので、素晴らしいです。。。
ありがとうございましたm(_ _)m

コメントの編集

なるほど~

はじめまして。
以前から、「パソコンのシャットダウン時のアプリケーションエラー」を色々調べてました。
まぁ、特に問題はないようですがシャットダウン時にエラー音がして鬱陶しいですよね。
サポートに「タイミングの問題」って片づけられちゃうと困っちゃいますねw。


コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る