トップ  >  サンプルソース  >  DataGridView 行追加/行削除(C#/VB.NET)

DataGridView 行追加/行削除(C#/VB.NET)

2010年01月13日

DataGridViewで行追加や行変更や行削除をするサンプル(ソース/コード)です。デザイン時に3つのカラムを追加しています。このサンプルは始めに2行を追加し、次に2行目を変更し、最後に1行目を削除します。

ちなみに、沢山の行を追加する時は、一行一行追加するのでは無く、行数を指定して一回でRows.Addするのが速いです。

また、全ての行を削除する時は DataGridView.Rows.Clear() をするのが簡単で速いのですが、AutoSizeModeの設定等で例外(Exception)が発生する事がありますので注意してください。でも、一行一行削除すると遅いので厄介なバグです。経験上、AutoSizeModeはNoSetが安全です。

DataGridView関係のその他のサンプルはこちらです。
DataGridView 小技メモ(C#/VB.NET)
DataGridView 列追加/列削除(C#/VB.NET)
DataGridView その他のサンプルソース

DataGridView関係のサンプル(に便利なメソッドを追加方法はこちらです。
DataGridView EXCEL読込(C#/VB.NET)
DataGridView EXCEL出力(C#/VB.NET)
DataGridView CSV読込(C#/VB.NET)
DataGridView CSV出力(C#/VB.NET)
DataGridView HTML出力(C#/VB.NET)

' --------------------------------------------------------
' DataGridViewの行追加/変更/削除のサンプル(VB.NET/VS2005)
' ユーザ操作による行追加を無効(禁止)
DataGridView1.AllowUserToAddRows = False

Dim idx As Integer
' DataGridViewの行追加(1行目)
DataGridView1.Rows.Add()
idx = DataGridView1.Rows.Count - 1
DataGridView1.Rows(idx).Cells(0).Value = "1行1カラム"
DataGridView1.Rows(idx).Cells(1).Value = "1行2カラム"
DataGridView1.Rows(idx).Cells(2).Value = "1行3カラム"

' DataGridViewの行追加(2行目)
DataGridView1.Rows.Add()
idx = DataGridView1.Rows.Count - 1
DataGridView1.Rows(idx).Cells(0).Value = "2行1カラム"
DataGridView1.Rows(idx).Cells(1).Value = "2行2カラム"
DataGridView1.Rows(idx).Cells(2).Value = "2行3カラム"

' DataGridViewの行変更(2行目)
idx = DataGridView1.Rows.Count - 1
DataGridView1.Rows(idx).Cells(0).Value = "*2行1カラム"
DataGridView1.Rows(idx).Cells(1).Value = "*2行2カラム"
DataGridView1.Rows(idx).Cells(2).Value = "*2行3カラム"

' DataGridViewの行削除(1行目)
DataGridView1.Rows.RemoveAt(0)
' --------------------------------------------------------

// -------------------------------------------------------
// DataGridViewの行追加/変更/削除のサンプル(C#.NET/VS2005)
// ユーザ操作による行追加を無効(禁止)
dataGridView1.AllowUserToAddRows = false;

int idx;
// DataGridViewの行追加(1行目)
DataGridView1.Rows.Add();
idx = DataGridView1.Rows.Count - 1;
DataGridView1.Rows[idx].Cells[0].Value = "1行1カラム";
DataGridView1.Rows[idx].Cells[1].Value = "1行2カラム";
DataGridView1.Rows[idx].Cells[2].Value = "1行3カラム";

// DataGridViewの行追加(2行目)
DataGridView1.Rows.Add();
idx = DataGridView1.Rows.Count - 1;
DataGridView1.Rows[idx].Cells[0].Value = "2行1カラム";
DataGridView1.Rows[idx].Cells[1].Value = "2行2カラム";
DataGridView1.Rows[idx].Cells[2].Value = "2行3カラム";

// DataGridViewの行変更(2行目)
idx = DataGridView1.Rows.Count - 1;
DataGridView1.Rows[idx].Cells[0].Value = "*2行1カラム";
DataGridView1.Rows[idx].Cells[1].Value = "*2行2カラム";
DataGridView1.Rows[idx].Cells[2].Value = "*2行3カラム";

// DataGridViewの行削除(1行目)
DataGridView1.Rows.RemoveAt(0);
// -------------------------------------------------------
スポンサーサイト

EXCEL出力(C#.NET) | トップページへ戻る | バイナリファイル比較(C#/VB.NET)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る