トップ  >  パソコン豆知識  >  オートメーションエラー(scrrun.dll)

オートメーションエラー(scrrun.dll)

2012年07月04日

VBで作られたアプリケーション(EXE)を実行した時に次のようなエラーメッセージが表示されました。

「実行時エラー -2147024770(8007007e)」
「オートメーションエラーです。指定されたモジュールが見つかりません。」

※「実行時エラー 429」
※「ActiveX コンポーネントはオブジェクトを作成できません。」と表示される事もあるようです。

このエラーについて調査した結果、scrrun.dllのレジストリ登録に問題があるらしいとの事でした。
※scrrun.dllでは無く別のDLLの可能性もあるようです。

VBのソースで次のコードを書いている場合はscrrun.dllの可能性が非常に高いとの事でした。
CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

そこで、scrrun.dllのレジストリ登録の問題を解決するために、次の2つのコマンドをコマンドプロンプトで実行すると解決しました。
(Windows 8/7/Vistaではコマンドプロンプトを「管理者として実行」する)
(1)regsvr32.exe /u scrrun.dll
(2)regsvr32.exe scrrun.dll

(1)はscrrun.dllのレジストリ登録を解除するコマンドです。
(2)はscrrun.dllのレジストリ登録を設定するコマンドです。

※このコマンドの実行は自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

実行時エラー339(依存関係が未登録か不正) | トップページへ戻る | 所得税(住民税)の確定申告について

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る