トップ  >  パソコンソフト  >  漢字コード変換(ツール)

漢字コード変換(ツール)

2010年01月14日

Webページの保存を行なうと文字コードがWindows標準のSJIS(Shift-JIS)で無いためメモ帳等のエディタでは文字化けする事があります。そんな時は文字コード変換ツールで変換する必要があります。FC2は通常、EUCですね。

今回、使用したツールは 文字コード判定&変換ツール.NET です。ファイルを文字化けしないように表示するだけならばドラッグ&ドロップするだけです。保存したWebページが沢山ある場合はフォルダ丸ごと文字コード変換出来ます。コマンドラインに引数を指定して起動出来るので、いつも同じ操作を行なう時はショートカットを作ると楽でしょう。

コマンドラインに引数を指定して起動出来るのでエクスプローラの送るメニューに登録すると、エクスプローラで対象のフォルダを右クリックして送るメニューから文字コード判定&変換ツール.NET を起動出来ます。入力ファイルの文字コード自動判定が出来ますが文字コードが決まっている時は、自動判定では無く文字コード指定をした方が良いでしょう。

文字コード変換ツールの画面

※漢字コード関係のツールやサンプルはこちら「漢字コード関係」です。

スポンサーサイト

ログインページの自動ログイン(ツール) | トップページへ戻る | EXCEL出力(VB.NET)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る