トップ  >  パソコンソフト  >  PC監視スクリーンセーバー(ツール)

PC監視スクリーンセーバー(ツール)

2010年05月21日

時々見かけるサーバールームなのですが、あまり意味の無いスクリーンセーバーになっていたり、電気の無駄なのでモニタの電源が切られていたりします。サーバーは全てのクライアントの中心にある大切な存在ですが、通常、あまり関心を持たれない存在のようです。

いつのまにかディスクが一杯(ディスクフル)になっている危険なサーバーに遭遇した事はありませんか?
いままで、関心を持たれなかったサーバーですが、こういう時は最大の関心事になります。全てのクライアント(ユーザー)からクレーム続出となります。会社の基幹システムでサーバーがダウンしたら、「今日は仕事にならない!!」と社員全員からの白い目。

少し面倒かも知れませんが、毎日、サーバーの状態を監視して置きたいものです。

そこで今回はサーバーの状態をスクリーンセーバーに表示するツール「パフォーマンス表示SCR」を紹介します。
スクリーンセーバーに表示する項目は以下の通りです。
(1)固定ディスクの合計容量
(2)固定ディスクの空き容量
(3)物理メモリの合計容量
(4)物理メモリの空き容量
(5)CPUアイドル率
(6)プロセス毎のCPU使用率

たまには、モニタの電源を入れてサーバーの状況を確認しては如何でしょうか。。。

参考のためにスクリーンセーバーの画像を貼って置きます。
パフォーマンス表示SCR

スポンサーサイト

漢字コード変換(VBS/VBA) | トップページへ戻る | 検索順位どんだけぇ(ツール)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る