トップ  >  サンプルソース  >  バイナリ入力(C#/VB.NET)

バイナリ入力(C#/VB.NET)

2010年05月24日

ファイルをバイナリ(Byte配列)形式で読み込むサンプル(ソース/コード)です。予めファイルサイズ分のByte配列を用意して1回で読込むようにしています。

ファイルをバイナリ(Byte配列)形式で書き込むサンプルは バイナリ出力(C#/VB.NET) です。

''' ---VB.NET版-------------------------------------------
''' <summary>
''' バイナリ(Byte配列)入力(ファイル全部を1回で読込む)
''' </summary>
''' <param name="fpath">ファイルPATH</param>
''' <returns>入力したByte配列データ</returns>
Public Function ReadBinary(ByVal fpath As String) As Byte()
    Dim dt As Byte() = New Byte() {}
    Dim sr As System.IO.Stream = Nothing
    Dim br As System.IO.BinaryReader = Nothing
    Try
        sr = System.IO.File.Open(fpath, _
            System.IO.FileMode.Open, _
            System.IO.FileAccess.Read)
        br = New System.IO.BinaryReader(sr)
        dt = New Byte(sr.Length - 1) {}
        br.Read(dt, 0, dt.Length)
    Catch ex As Exception
        Throw ex
    Finally
        If br Is Nothing = False Then br.Close()
        If sr Is Nothing = False Then sr.Close()
    End Try
    Return dt
End Function
' --------------------------------------------------------

/// ---C#.NET版-------------------------------------------
/// <summary>
/// バイナリ(Byte配列)入力(ファイル全部を1回で読込む)
/// </summary>
/// <param name="fpath">ファイルPATH</param>
/// <returns>入力したByte配列データ</returns>
public Byte[] ReadBinary(String fpath)
{
    Byte[] dt = new Byte[] { };
    System.IO.Stream sr = null;
    System.IO.BinaryReader br = null;
    try
    {
        sr = System.IO.File.Open(fpath,
            System.IO.FileMode.Open,
            System.IO.FileAccess.Read);
        br = new System.IO.BinaryReader(sr);
        dt = new Byte[sr.Length];
        br.Read(dt, 0, dt.Length);
    }
    catch (Exception ex)
    {
        throw ex;
    }
    finally
    {
        if (br != null) br.Close();
        if (sr != null) sr.Close();
    }
    return dt;
}
// -------------------------------------------------------
スポンサーサイト

バイナリ出力(C#/VB.NET) | トップページへ戻る | 画像をPDF出力(C#/VB.NET)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る