トップ  >  サンプルソース  >  メモリ空き容量(C#/VB.NET)

メモリ空き容量(C#/VB.NET)

2010年05月28日

メモリ空容量を取得し表示するサンプル(ソース/コード)です。
System.Diagnostics.PerformanceCounterを使用しています。
CategoryName="Memory"
CounterName="Available KBytes"

関連するサンプルはこちらです。
プロセス一覧(C#/VB.NET)
CPU使用率(C#/VB.NET)

' --------------------------------------------------------
' メモリ空容量を取得するサンプル(VB.NET/VS2005)
Private MemF As _
    System.Diagnostics.PerformanceCounter = Nothing
Private Sub Button1_Click( _
    ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) _
    Handles Button1.Click

    ' メモリ空容量初期設定
    MemF = New System.Diagnostics.PerformanceCounter()
    MemF.CategoryName = "Memory"
    MemF.CounterName = "Available KBytes"
    MemF.NextValue()
End Sub

Private Sub Timer1_Tick( _
    ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) _
    Handles Timer1.Tick

    ' メモリ空容量表示
    If MemF Is Nothing = False Then
        Label1.Text = "" & MemF.NextValue()
    End If
End Sub
' --------------------------------------------------------

// -------------------------------------------------------
// メモリ空容量を取得するサンプル(C#.NET/VS2005)
private System.Diagnostics.PerformanceCounter MemF = null;
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // メモリ空容量初期設定
    MemF = new System.Diagnostics.PerformanceCounter();
    MemF.CategoryName = "Memory";
    MemF.CounterName = "Available KBytes";
    MemF.NextValue();
}

private void timer1_Tick(object sender, EventArgs e)
{
    // メモリ空容量表示
    if( MemF !=null ){
        label1.Text = "" + MemF.NextValue();
    }
}
// -------------------------------------------------------
スポンサーサイト

CSVファイル差分(C#/VB.NET) | トップページへ戻る | CPU使用率(C#/VB.NET)

このページのトップに戻る

コメント

VB2010動作確認OK

VB2010でメモリー空き容量の取得を確認させていただきました。これまでメモリー空き容量の取得方法がわからなかったので、大変感謝しています。

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る