トップ  >  サンプルソース  >  DataGridView 小技メモ(C#/VB.NET)

DataGridView 小技メモ(C#/VB.NET)

2010年05月29日

DataGridViewの忘れやすい小技をメモって置きます。現在は少ないですが、忘れやすい小技を見つけたら追加して行きます。

DataGridView関係のその他のサンプル(ソース/コード)はこちらです。
DataGridView 行追加/行削除(C#/VB.NET)
DataGridView EXCEL読込(C#/VB.NET)
DataGridView EXCEL出力(C#/VB.NET)
DataGridView CSV読込(C#/VB.NET)
DataGridView CSV出力(C#/VB.NET)
DataGridView HTML出力(C#/VB.NET)
DataGridView その他のサンプルソース

' --------------------------------------------------------
' DataGridViewの小技のサンプル(VB.NET/VS2005)
' DataGridViewの行追加方法
DataGridView1.Rows.Add()

' DataGridViewの行削除方法
DataGridView1.Rows.RemoveAt(0)

' DataGridViewのカラム削除方法(カラムヘッダも削除されます)
DataGridView1.Columns.RemoveAt(0)

' DataGridViewの全行削除方法
' (注意:カラム幅の自動モードで例外が発生する可能性有り)
DataGridView.Rows.Clear()

' DataGridViewの指定カラムでソートする方法
DataGridView1.Sort(DataGridView1.Columns(0), _
  ListSortDirection.Ascending)

' DataGridViewの行やカラムを入力禁止(ReadOnly)にする方法
DataGridView1.Rows(0).ReadOnly = True
DataGridView1.Columns(0).ReadOnly = True

' DataGridViewの指定セルの背景色を変更する方法
DataGridView1.Rows(i).Cells("clmName").Style.BackColor = _
  Color.LightSkyBlue

' DataGridViewに表示する先頭行
' (スクロール時の先頭行)を変更する方法
DataGridView1.FirstDisplayedScrollingRowIndex = 10

' DataGridViewのスクロール範囲で
' セルが表示されているか確認する方法
If DataGridView1.Rows(4).Cells("clmName").Displayed Then

' DataGridViewのカレントセルを取得/変更する方法
Dim v as String = DataGridView1.CurrentCell.Value
DataGridView1.CurrentCell = _
  DataGridView1.Rows(4).Cells("clmName")

' DataGridViewのカレントセルのフォーカスを消す方法
Private Sub DataGridView1_SelectionChanged( _
  ByVal sender As System.Object, _
  ByVal e As System.EventArgs) _
  Handles DataGridView1.SelectionChanged
    Dim dgv As DataGridView = sender
    dgv.CurrentCell = Nothing
End Sub
' --------------------------------------------------------

// -------------------------------------------------------
// DataGridViewの小技のサンプル(C#.NET/VS2005)
// DataGridViewの行追加方法
dataGridView1.Rows.Add();

// DataGridViewの行削除方法
dataGridView1.Rows.RemoveAt(0);

// DataGridViewのカラム削除方法
// (カラムヘッダも削除されます)
dataGridView1.Columns.RemoveAt(0);

// DataGridViewの全行削除方法
// (注意:カラム幅の自動モードで例外が発生する可能性有り)
dataGridView1.Rows.Clear();

// DataGridViewの指定カラムでソートする方法
dataGridView1.Sort(DataGridView1.Columns[0],
  ListSortDirection.Ascending);

// DataGridViewの行やカラムを入力禁止(ReadOnly)にする方法
dataGridView1.Rows[0].ReadOnly = true;
dataGridView1.Columns[0].ReadOnly = true;

// DataGridViewの指定セルの背景色を変更する方法
ataGridView1.Rows[i].Cells["clmName"].Style.BackColor =
  Color.LightSkyBlue;

// DataGridViewに表示する先頭行
// (スクロール時の先頭行)を変更する方法
dataGridView1.FirstDisplayedScrollingRowIndex = 10;

// DataGridViewのスクロール範囲で
// セルが表示されているか確認する方法
if( dataGridView1.Rows(4).Cells("clmName").Displayed )

// DataGridViewのカレントセルを取得/変更する方法
string v = dataGridView1.CurrentCell.Value;
dataGridView1.CurrentCell =
  dataGridView1.Rows[4].Cells["clmName"];

// DataGridViewのカレントセルのフォーカスを消す方法
private void DataGridView1_SelectionChanged(
  object sender, EventArgs e)
{
  DataGridView dgv = sender:
  dgv.CurrentCell = null;
}
// -------------------------------------------------------
スポンサーサイト

TCP/COM変換(ツール) | トップページへ戻る | CSVファイル差分(C#/VB.NET)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る